同僚との飲みの席で判明したアマギフ詐欺、これに大きな落胆を感じました。
ギフト券の詐欺の話は頭にあったのに…。
なのに、なんで僕が騙されてしまったのか?
凄く、不愉快な気分でした。
「気にするなよ。男っていうのはそういうもの。美味しい餌があると見境がなくなるからな、だから詐欺が横行しているんだ」
何処か達観した北浦の言い方に、感じるものがありました。
「もしかして、遭遇したことが?」
「ふっ、まぁ、ネットの世界は顔が見えないからな」
「自分と同類か」
「俺の場合は、アマギフ詐欺じゃなかった。援デリ」
「援デリ?それは?」
「低級な風俗業者だよ。フェラ割で可愛い女の子と待ち合わせしたら、デブスのババアがやってきて、ヤル気のないフェラで少しも感じなかった」
「そんなことまで?」
彼は、大袈裟に頷いていました。

 

 Twitterにしても、他のSNSにしても、無料の掲示板にしても同じことが言えると同僚が言います。
匿名性が高い。
完全無料。
年齢確認無し。
こういう場所は、相手を騙すのが簡単な世界、しかも本当に出会いの欲しい素人女子のいない世界だと彼は断言します。
「無料のところで、匿名性が高い場所で、結構ナンパしたけど全然駄目。ギフト券詐欺とか、援デリばっかりだったんだ」
出会いが見つかりそうなTwitter、だけどその実、出会いが欲しい女の子がいない世界だと分りました。
完全無料で匿名性と来ると、悪意が忍び込みやすくなってしまうもの。
騙されてしまうのもしかたがない。
なんとなく、僕も納得できた気がします。

 

 北浦には、さらに驚かされることになりました。
「今は、プチ援からフェラ友に発展させて、さっくり関係を満喫できているけどね」
「そうなの?」
プチ援をした女の子をフェラ友に発展させているなんて初耳でした。
「要するに、出会いの場所。これをしっかりしたところにすれば大丈夫ってこと」
そんな場所が、ネットにあるのか?
なにか特殊な場所なのか?
特別な人でないと知らないのか?
僕の頭の中には、様々な考えが浮かびあがっていました。

おすすめ定番サイト登録無料

プチ援女子やフェラ好き女子と繋がるならコレ!!

TOPへ